マンション購入と税金

新築マンションを検討

省エネのマンションが人気です

新築のマンションはとても人気があります。住まいの魅力を知ることは、とても大切なこととなります。自分にとってお得な物件を知ることは、とても重要なことです。マンションを購入する時は、様々な税金について知る必要もあります。不動産取引をする時は、様々な税金がかかります。そうしたコストも計算して新築の物件を購入する必要があります。住まいに関する需要は変化していきます。省エネでの生活が可能な物件は人気となっています。省エネ生活が可能な物件は、低コストでの生活が可能になります。様々なコストを考える時は、総合的な視点が大切になります。

購入時に税金はかかるのか

マンション購入時に税金がかかるかどうかは、ケースバイケースです。土地には原則として非課税なので、土地の割合が大きい一戸建てに比べると、消費税の負担は大きめです。しかし、建物には原則として消費税がかかりますが、マイホームとして利用をする場合には、例外的に非課税となります。そのため、マイホームの購入ならば、土地と建物両方に対して、消費税がかかりません。不動産会社を介した場合には、仲介手数料に対して消費税がかかります。マンション購入時にかかる税金としては、契約書に添付する印紙税などもかかります。購入時ではありませんが、固定資産税と都市計画税を毎年納めることになります。

↑PAGE TOP

Copyright © 新築マンションを検討 All rights reserved