マンションに投資する

マンション投資で副収入を

マンション投資にかかる税金

マンション投資にかかる収入は、不動産所得となり、税金の課税対象となります。不動産所得とは、不動産を貸し出すことで賃料収入を得ることです。資産性の高い収入で、勤労収入に比べると富裕層が得るものとなっていますので、相対的に税の負担が重くなります。ただ、マンションは安定して借主が現れてくれれば十分な収入が得られるため、選択肢としては悪くありません。また、最悪の場合は出口戦略をとって負債を抑えることができます。これは、具体的に言えば売却してしまうことです。形がある物であるため、絶対にゼロにはならない分、負債を抑えることができるのです。

不動産の購入に税金はかかるのか

マンション購入では、税金がかかるケースと、かからないケースがあります。まず、土地は原則として非課税となっています。建物は課税対象ですが、住居用の建物の場合は、非課税です。マイホームの購入なら非課税であり、投資用で購入するなら、課税対象になります。マンションの場合、土地よりも建物の割合のほうが多いので、投資のために購入するときは注意が必要になるでしょう。マイホームの購入の場合には、土地も建物も非課税です。しかし、不動産会社を経由する場合には、仲介手数料に税金がかかることには注意が必要です。他には、契約書に貼り付ける印紙代などもかかります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 新築マンションを検討 All rights reserved