分譲マンションの購入

分譲マンションの検討

分譲のマンションにかかる税金

分譲マンションの購入を検討するにあたり、将来的に支払いが必要となる税金の種類をきちんと確かめることが大事です。最近では、良質な物件の選び方を工夫する人が少なくありませんが、同時に諸費用の相場をじっくりと比較することが求められます。大手の仲介業者においては、マンションに係わる税金の申告方法について、具体的にアドバイスを受けることができるため、比較的若い世代の顧客からの支持が集まっています。その他、流行中の分譲の物件の入居スケジュールを見極めることで、いざという時にも落ち着いて契約を結ぶことができます。

不動産の取得や売却に係る税金

不動産を取得、あるいは売却する際には様々な税金が課税されます。例えば、取得の際にはマンションや一軒家などの建物に対して消費税(土地は非課税)が課税されるほか、不動産の取得に対して不動産取得税が、不動産の登記に対して登録免許税が、売買契約書には印紙を貼るので印紙税が課税されます。売却の際には、その利益に対して所得税と住民税が課税されます。利益は売却金額から不動産の取得費、譲渡費用を差し引いた金額を言います。なお、売却したマンションや一軒家が居住用なら、居住用財産の譲渡に係る特別控除の特例を適用でき、利益から3000万円を差し引く事ができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 新築マンションを検討 All rights reserved